赤ちゃんモデルならやっぱりテアトルアカデミーが有名なのかな

私はいわゆるできちゃった結婚でした。妊娠が分かったときには、”え?私が…母親?”と嬉しいよりは、不安がたくさんありました。しかし、好きな人の子供を出産したいと考え、初産で知らないこともありましたが、色々調べている間に徐々に膨らんでくるお腹を愛しく感じていました。初めて感じた胎動は、喜びは計り知れません。

妊娠とは、毎日を幸せに子供の成長を実感できる事なのだと感じました。妊娠している間は甘味を口にしたくなります。

実際、妊娠前は欲しいと感じなかったケーキやチョコレートが毎日でも食べたくなりました。

しかし体重管理もしなければなりません。

少し運動してから間食するようにしていました。

体重管理、そして安産のために毎日目標一万歩を守って歩いていました。

ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めるため、無理は禁物です。

妊娠中に大切にすることはいくつかある。一年中、お腹をひやさないこと、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。
適度な運動は良いが全力疾走しないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。
全部妊婦さんは誰もが注意されることだが、もう一つ、私が妊娠中に言われて一番ためになったと思うことがこれである。

産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。優しい言葉は優しい人間を作る、嫌な言葉は嫌な人間を作る産後もこの言葉の重みを毎日実感している妊娠中はなにより妊婦さん自身がストレスをためないことがおなかの赤ちゃんにとっても良いことなのではないでしょうか。

初産は大きく変わった自分の身体や周囲の環境に戸惑うこともあり知らず知らずのうちにストレスが溜まることになると思います。

そんなときに、栄養の偏りがないよう、また赤ちゃんの為にと健康に気遣うのは当然のことですが、普段の行動や食事を無理に制限することは逆に精神衛生上よろしくないような気がします。

何より穏やかな心で過ごせるのが大切だと思います。妊娠線が出ないようにするには体重が増えすぎないようにする他に妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。

そして妊娠線予防クリームを塗る際、マッサージもすると効果的です。

マッサージをすることで脂肪を柔らかくしておき妊娠線が出にくくすることが期待できます。

その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、マッサージの向きを変えつつ塗り込むのがポイントです。

なお、掴める部位は掴んだうえで揉んでおくことも忘れないように。妊娠中は妊娠前の自分の体とは違うということを意識する必要があります。

お腹の小さな妊娠初期は、目立った変化が無いので妊娠する前と同じ感覚で動きがちです。しかし妊娠初期の頃は赤ちゃんの体の基礎となる大事な時期です。たとえ体調が良くても、絶対に無理はしないでください。
心身ともにのんびり過ごし、少しでも身体に変調を感じたときには、きちんと休むことが大切です。

23週で子宮頸管無力症と診断され、24週でシロッカー手術をし自宅安静中のただいま34週に入りました。

正産期までは3週間程ありますが赤ん坊も2000グラムとちゃんと大きくなってくれて早産の可能性はまだ残るものの、産休に入り、穏やかに日々を送っています。ネットを見ていると同じく切迫早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。このまま無事に元気な赤ちゃんを産めるよう、残り少なくなった妊娠生活を満喫したいと思います。

妊娠までの道筋を知ると、小さな命を得るということがいかに奇跡かが分かります。

妊娠可能な期間はとても短い期間なのです。
毎月の生理周期を女性は記録しがちですが、妊娠するために重要なのは排卵日がいつかです。生理がきていても排卵をしていないと妊娠しないからです。

妊娠を希望するのなら最初に排卵日がいつなのかを知る事からスタートしてみましょう。
妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたりゆったりと落ち着いた心持で過ごせなくなります。

すると、お母さんの体にとって負担が増え、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。

出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。神経質になる必要はありませんが、身も心も準備万端で出産にのぞめるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。

私の妊娠生活で困ったのは、切迫流産と切迫早産の危険性があったことです。

上の子を妊娠していた間は夫の両親との同居もあり、特別気を張っていたことも多かったのだと思います。あの頃を振り返ってみると同居していた義父、義母に居心地の悪さを感じていました。
義父も義母も当たり前ですが高齢でしたが、居心地の悪さばかりを気にせずに、買い物など協力してもらったら良かったのかもしれません。

二人目は切迫早産で帝王切開、子どもを一日で喪失した虚しさを忘れる事はありません。

これから旦那さんのご両親と同居を考えている、あるいはもうされているという方は積極的に関わりを持つようにして下さい。

無事に安産を迎えられるよう、どんどん手伝ってもらいましょう。
テアトルアカデミーの口コミと評判をチェック